持ってたところで何になる?

持ってたところで何になる?

ケチケチ漫画家の家庭と「持っとくファイル」

著 者

辻井 タカヒロ

ISBN

978-4-7803-1327-7 C0095

判 型・

四六判

ページ数

176頁

発行年月日

2024年07月

価 格

定価(本体価格1,700円+税)

ジャンル

写真・画集・マンガ

価値があるから集めるわけじゃない
捨てるんだったら持っときたい。謎のモノたちが増殖する日々を描いた、ビンボーな漫画家の私小説的コミックエッセイ。
プロ・コレクターのとみさわ昭仁氏が解説を寄稿。持っとく写真館付き。
 
とみさわ昭仁さんの解説「貧乏くさい四次元ポケットの視点」より
貴重だとか値打ちが出るだとかはすべて幻想。本当の価値は自分の中にだけあるもの。この先ずーっと役に立たないままでも、自分が愛着を持てるならそれでいいじゃないか。

何かを集めるという行為も、そのような「物持ちがいい」の延長線上で、コレクションというよりも、結果的にそうなってしまった、というケースが多い気がします。そんな意識的にせよ無意識的にせよ、家に滞留している「もの」に焦点を当て、なおかつ、サザエさんのようなホームコメディを目指してこの漫画を描きました。目指すのは自由だけど、まあ結果は・・・。

京都の週刊新聞「京都民報」に三年間にわたって連載された「持っときたいんや! 断捨離できないワタシ」80回をベースに、家族の冷ややかな視線を受けながら「捨てられない」生活を描いたコミックエッセイです。

辻井 タカヒロ
1967年京都市生まれ、在住、引越し2回。イラストレーター、漫画家。90年代半ば頃より雑誌を中心にイラスト、4コマ漫画などを制作。